フランチャイズ契約の実務と書式
内 容
チェーンビジネス法務の専門家によるフランチャイズ・ビジネスのための法律実務マニュアル。フランチャイズ加盟〜契約終了のプロセス、フランチャイズ契約書の作り方、フランチャイズ関連法と裁判例、紛争解決手段など、実務の運用をまとめた最新の実践書。
Q&Aや書式・資料が充実し、現場の実務に使える一冊!

著編者名 弁護士 神田 孝/著
判型・頁数 A5判・並製・440頁
定価 (本体)
発行年月 2011年2月15日
ISBN 978-4-88260-222-4
ジャンル 単行本/企業法務
送料
在庫状況 品切れ
備考 重版未定


←戻る バスケットの中を見る→

主 要 目 次
第1章 総 論
1 フランチャイズ・システムの概念
2 フランチャイズ契約に関連する法律

第2章 加盟契約交渉から契約終了までのQ&A
1 フランチャイズ契約の基本概念
Q1 フランチャイズ契約における権利と義務
Q2 フランチャイズ契約におけるノウハウ提供
Q3 自己責任の原則
2 加盟契約交渉から契約締結まで
Q4 加盟交渉のプロセス
Q5 加盟申込金
Q6 加盟店開発担当者の説明方法
Q7 フランチャイズ契約書、法定開示書面の説明時期
Q8 フランチャイズ契約の読み合わせ
Q9 フランチャイズ契約の記名押印
Q10 小中小売商業振興法に基づく情報提供義務
Q11 信義則上の情報提供義務
Q12 立地や出店についての個別情報提供義務の有無
Q13 情報提供義務に違反した場合のフランチャイザーの責任
Q14 立地診断の概念
Q15 立地診断報告書の検討
Q16 売上予測の概念
Q17 売上予測の手法
Q18 セールストークの範囲
Q19 加盟金の概念
Q20 加盟金不返還特約
Q21 加盟保証金の返還時期
Q22 加盟金・加盟保証金以外に支払われる金員
3 開業準備
Q23 店舗設計・建築業者の指定
Q24 指定業者の建築瑕疵
Q25 開業前研修の内容
4 開業後の店舗(事業)の経営
Q26 契約締結後の情報提供
Q27 フランチャイザーのノウハウ改良義務
Q28 経営指導の方法
Q29 スーパーバイザーによる臨店指導
Q30 ロイヤルティの算定方法
Q31 商品購入先の指定
Q32 商品等の提供方法の指定
Q33 販売方法の指定
Q34 値引販売・見切り販売の可否
Q35 テリトリー権の内容
Q36 流通ガイドラインとテリトリー権
Q37 テリトリー権の効力
Q38 フランチャイジー間でのテリトリー侵害
Q39 フランチャイザーの販売促進活動・宣伝広告活動とフランチャイジーの販売促進活動・宣伝広告活動
Q40 フランチャイザーの営業政策
Q41 経営支援策の種類
Q42 フランチャイザーの商標登録
Q43 商標使用に際してのフランチャイジーの遵守事項
Q44 営業秘密を保護する手段
Q45 保護される情報の範囲
Q46 マニュアル、メニュー、レシピ
Q47 顧客情報
Q48 競合避止義務の概念
Q49 競合避止義務の違反状態
Q50 契約終了後の競合避止義務
Q51 競合避止義務の効果

5 契約の終了
6 コンビニエンス・ストアのフランチャイズ・システム
7 フランチャイズ・システムにおける事業再編と倒産法
8 フランチャイズ・システムにおけるその他の問題

第3章 フランチャイズ契約書、法定開示書面の作り方
1 フランチャイズ契約書の作り方
2 法定開示書面(情報開示書面)の作り方

第4章 契約当事者間での個別紛争の解決 
1 本章の目的:訴訟回避と紛争解決手段
2 加盟金返還請求事件
3 フランチャイザーの情報提供義務違反に基づく損害賠償請求事件
4 契約終了時の競合避止義務違反

資料
資料1 私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(抄)
資料2 中小小売商業振興法(抄)
資料3 中小小売商業振興法施行規則(抄)
資料4 不公正な取引方法の一般指定(「一般指定」)
資料5 フランチャイズ・システムに関する独占禁止法上の考え方について(「フランチャイズ・ガイドライン」)