民法(債権関係)改正と実務への影響
内 容
民法(債権関係)改正に関し法律実務家にとって最低限知っておくべき事項を、ニュートラルな立場で、実務的観点から解説。民法(債権関係)改正を円滑に乗り切るための、実務家のツールたるべく1冊である。実務家が全体像を把握するには十分な内容を盛り込んでいる。

著編者名 岡島芳伸・大久保拓也・松嶋隆弘/編著
判型・頁数 A5判・並製・456頁
定価 4,700円(税別)
発行年月 2013年1月30日
ISBN 978-4-88260-241-5
ジャンル 単行本/法律
送料 340円円
在庫状況
備考


←戻る バスケットの中を見る→

主 要 目 次
第T部 総 論
第1章 民法(債権関係)改正の背景
1 民法(債権関係)改正に至る経緯
2 民法(債権関係)の背景
3 実務家からの反応

第2章 民法(債権関係)改正とその影響
1 民法(債権関係)の改正の骨子
2 民法(債権関係)改正による実務への影響
3 民法(債権関係)改正による民法、消費者法への影響
4 民法(債権関係)改正による商法への影響

第U部 債権総論
第1章 債権の目的など
1 債権の目的(債権の目的、特定物、種類物)
2 法定利率
3 履行請求権等

第2章 債務不履行
1 「債務の本旨に従った履行をしないとき」の明確化
2 帰責事由の明確化
3 受領遅滞
4 損害賠償の範囲
5 過失相殺と損益相殺
6 賠償額の予定
7 金銭債務の特則
8 免責条項
9 追完などの新規規定

第3章 解除と危険負担
1 解 除
2 危険負担

第4章 債権者代位権と詐害行為取消権
1 本来型の債権者代位権
2 転用型の債権者代位権
3 詐害行為取消権

第5章 多数当事者と保証債務
1 多数当事者
2 保証債務

第6章 債権譲渡、債務引受、契約上の地位の譲渡
1 債権譲渡
2 証券的債権に関する規定
3 債務引受
4 契約上の地位の移転をなしうる場合

第7章 債権の消滅
1 弁 済
2 弁済による代位(499条〜504条)(「中間論点整理」第17-10)
3 相 殺
4 更改、免除、混同
5 新たな消滅原因に関する法的概念
コラム−1 法定利息と歴史

第V部 契約法
第1章 契約総論
1 基本原則〔付・約款、消費者概念の導入〕
2 契約前の交渉
3 事情変更の原則
4 不安の抗弁権
5 契約の解釈
6 申込みと承諾
7 第三者のためにする契約

第2章 法律行為と意思表示
1 法律行為・意思能力
2 意思表示〔付・不当条項規制〕
3 無効・取消し
4 代 理

第3章 消滅時効
1 条件・期限
2 期間の計算
3 消滅時効

第4章 交換型契約
1 売買総則
2 物の瑕疵に関する担保責任
3 権利に関する担保責任
4 担保責任以外の売買の効力
5 売買:買戻し、特殊の売買、交換

第5章 貸借型契約
1 消費貸借
2 賃貸借

第6章 役務提供契約
1 役務提供契約、委任・準委任、特殊の委任
2 請 負
3 雇 用
4 寄 託

第7章 無償契約
1 贈 与
2 使用貸借

第8章 その他(団体型契約)
1 組合契約
2 和解契約
3 終身定期金契約
4 その他

コラム−2 温故知新――契約に関するおはなし

■凡 令