不動産をめぐる相続の法務と税務
内 容
不動産相続の基礎から実務運用の専門的領域までをカバーした不動産相続ハンドブック!
数々のルールが複雑に絡み合う不動産相続について、法律・登記・税務の各領域から丁寧に解説。
執筆は、不動産相続に精通し、実務経験豊富な弁護士・司法書士・税理士ら。実務に資するため、論点ごとに書式や計算例を掲載。

著編者名 冨永忠祐/編著
判型・頁数 A5判・並製・264頁
定価 2,900円(税別)
発行年月 2010年11月25日
ISBN 978-4-88260-217-0
ジャンル 単行本/法律
送料 340円
在庫状況
備考


←戻る バスケットの中を見る→

主 要 目 次
第1章 相続の基礎知識
1.相続人の確定
2.遺産範囲の確定
3.遺産の評価
4.相続分の算定
5.特別受益と寄与分
6.遺言
7.遺留分減殺請求
8.相続放棄と承認

第2章 不動産相続の対象
1.共有不動産の相続
2.担保権付不動産の相続
3.賃貸不動産の相続
4.借地権の相続
5.借家権の相続
6.道路の相続
7.農地の相続
8.山林の相続
9.墓地の相続

第3章 相続不動産の管理
1.遺産管理の原則
2.一人の相続人の占有
3.第三者の占有
4.賃貸不動産の管理
5.相続不動産の管理費用
6.その他の遺産管理の方法
7.民法上の特別の規定
 
第4章 相続不動産の評価
1.評価の必要性
2.不動産の評価時期
3.不動産の評価方法
4.不動産の評価手法
  
第5章 不動産相続の方法
1.遺産分割の手続
2.不動産(売却代金)の分割

第6章 不動産相続と登記
1.相続による登記総論
2.相続に伴う登記実務

第7章 不動産相続の税務
1.基本的な方法、定義
2.相続不動産評価の実務的な手順
3.要点の取りまとめ
4.農地相続の税務
5.相続における節税

第8章 渉外相続による不動産の相続
1.渉外相続とは
2.被相続人が外国人の場合
3.被相続人が日本人の場合
4.各国の渉外相続