新 公務員労働の理論と実務16
現場の最新の事例問題V
内 容
実務問答編:分類整理された項目ごとに、研究討議を加え、一問一答形式で平易かつ具体的に解説。
資料編:第1部に関する参考資料を収録。

公務員の労務管理上の諸問題に的確に対処することを目的とし,今般ここに「現場の最新の事例問題V」を16冊目として出版。
現場で起こりそうな悩ましい問題を提起して,訴訟への対応という観点のみならず人事労務管理全般の観点から議論しており,現場の実務担当者には,より役立つものとなっている。

著編者名 公務員関係判例研究会 編著
判型・頁数 A5判・並製・626頁
定価 6,500円(税別)
発行年月 平成24年12月31日刊行
ISBN 978-4-88260-170-8
ジャンル 単行本/行政・労働
送料 420(北海道、沖縄は530)円
在庫状況
備考


←戻る バスケットの中を見る→

主 要 目 次
第1部 実務問答編
現場の最新の事例問題V
1 精神疾患への対応
2 懲戒処分の際の考慮事項等
3 社会人基礎力の不足した職員への対応
4 内部規則の策定
5 飲酒運転等
6 職員のプライバシーと職場への個人情報の提供
7 能率が上がらない職員への対応
8 住民運動に参加する職員への対応
9 セクシュアル・ハラスメント
10 起訴休職処分
11 勤務成績不良職員に対する人事労務管理上の対応 (分限免職・普通解雇)
12 公務員労働をめぐる判例の変遷―公務員関係判決速報・400 号記念座談会―

第2部 資 料 
【引用判例一覧】
【参考判例】